天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

アインシュタイン

小

よみ方

あいんしゅたいん

英 語

Einstein, Albert

説 明

ドイツ生まれのユダヤ系アメリカ人物理学者(1879-1955)。チューリッヒのスイス連邦工業大学を卒業、ベルンの特許局技師などを経て、1914年にベルリン大学物理学教授に就任。この間、1905年にはブラウン運動による気体運動理論、光電効果の光量子理論、および特殊相対性理論を、1914-16年には一般相対性理論を発表して、従来の物理学を塗り替えた。これらの業績で1921年にノーベル物理学賞を受賞。1922年には来日して、東北大学の物理学者石原純と共同研究も行なった。ドイツでのナチズム台頭後は米国のプリンストン高等研究所(IAS)に移り、世界平和運動も指導した。

2018年08月14日更新

関連画像

アインシュタイン
This image is available from the United States Library of Congress's Prints and Photographs division under the digital ID cph.3b46036.