天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

エッフェルスベルク電波天文台

 

よみ方

えっふぇるすべるくでんぱてんもんだい

英 語

Effelsberg Radio Observatory

説 明

ドイツのボンにあるマックスプランク電波天文学研究所(MPIfR)が運用している、ボンから約40 km離れた谷にある電波天文台。口径100 mの電波望遠鏡を持つ。この望遠鏡は1972年に観測を開始し、周波数が600 MHzから96 GHzまでの帯域で観測を行っている。超長基線電波干渉計(VLBI)にも使われている。

2018年03月06日更新

関連画像

エッフェルスベルク100m電波望遠鏡。主鏡が地上に固定されていない望遠鏡としては世界最大の単一開口鏡である。