天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

黄道座標系

 

よみ方

こうどうざひょうけい

英 語

ecliptic coordinate system

説 明

黄道面を基準面として定義した天球の座標系。この座標系における経度を黄経、緯度を黄緯と呼ぶ。黄緯0°が黄道面であり、黄緯\pm 90^{\circ}黄道の極である。黄道の北極を北黄極(North Ecliptic Pole(NEP))。南の極を南黄極(South Ecliptic Pole(SEP))と呼ぶ。黄経の原点は春分点の方向にとり、黄道に沿って東回りに角度を測る。太陽系惑星や小天体は黄道面近くに多く分布しているから、太陽系天体の運動を考えるのに便利な座標系といえる。
黄道傾斜角\varepsilonとすると、赤道座標系(赤経\alpha、赤緯\delta)と黄道座標系(黄経\lambda、黄緯\beta)の変換は、以下のようになる。
\begin{pmatrix}\cos \beta \cos \lambda \\\cos \beta \sin \lambda \\\sin \beta \\\end{pmatrix}=R_1(\varepsilon)\begin{pmatrix}\cos \delta \cos \alpha \\\cos \delta \sin \alpha \\\sin \delta \\\end{pmatrix}
ここでR_1(\varepsilon)x軸周りの回転行列で
x軸周りの回転行列
である。
ちなみに、NEPの赤道座標は(18^{\rm h}00^{\rm m}00.\!^{\rm s}0, +66^\circ33)(J2000)、また銀河座標は(+96.\!^\circ3840, +29.\!^\circ8114)(J2000) である。また、天の川銀河銀河系)と太陽系の関係は図のようになる。

2018年09月16日更新

関連画像

黄道座標系
* 黄道座標系。
片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.6 (日本評論社)
銀河系と太陽系
* 天の川銀河(銀河系)と太陽系の関係