天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

地球シミュレータ

 

よみ方

ちきゅうしみゅれーた

英 語

Earth Simulator

説 明

1998年に当時の科学技術庁が開発を計画し、NEC社が2002年に完成した日本のスーパーコンピュータ。横浜市の海洋研究開発機構(JAMSTEC)横浜研究所に設置されている。理論ピーク性能40 Tflops(テラフロップス)を有し、実効性能でもその50%以上を達成した。完成当時は世界最速のコンピュータであったが、2004年IBM社製のBlue Geneに首位を明け渡した。気候変動や地核変動など地球規模でのシミュレーションに利用され、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書作成にも貢献した。2008年に新機種に更新された。

2018年03月11日更新

関連画像

地球シミュレータ
http://ja.wikipedia.org/wiki/地球シミュレータ