天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ダイナモ機構

高

よみ方

だいなもきこう

英 語

dynamo mechanism

説 明

プラズマの流れと磁場との相互作用による磁場の生成および維持機構のこと。ダイナモ作用ともいう。天体の差動回転によってポロイダル磁場からトロイダル磁場を作るオメガ効果コリオリ力の働きでトロイダル磁場からポロイダル磁場を作るアルファ効果などが重要な要素であるほか、磁束の輸送メカニズムとして子午面還流や、(太陽の場合は主に超粒状斑スケールの)対流運動による拡散なども重要な役割を果たしていると考えられている。プラズマの流れの構造を既知として、この流れ場の中での磁場の生成および維持を考える場合を運動学的ダイナモ、流れの構造も含めて全体を扱う場合を力学的ダイナモということがある。

2018年12月04日更新

関連画像

*差動回転により磁場のポロイダル成分からトロイダル成分が作られ、磁束管浮上により表面に黒点が形成される過程の模式図。
横山央明「古典的ダイナモ」、シリーズ現代の天文学第10巻、桜井・小島・小杉・柴田編『太陽』6.2節 図6.6(日本評論社)
(JAXA)
* トロイダル磁場とポロイダル磁場