天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

矮新星

 

よみ方

わいしんせい

英 語

dwarf nova

説 明

新星爆発より小規模な爆発現象を繰り返す激変星。増光幅が2から5等の爆発を10日から数100日程度の間隔で繰り返す。爆発機構は新星とは異なり、降着円盤の状態変化による。降着円盤は、低温で水素があまり電離しておらず粘性が弱くて質量降着率が小さい状態(静穏期)と、高温で水素が電離しており高粘性で質量降着が大きい状態(アウトバースト期)という2つの安定状態をもち、降着円盤の密度が臨界値を超えたときにこの2つの状態間を急激に遷移するものと考えられている。通常の光度より2-4等明るくなる(ノーマル)アウトバーストを繰り返すSS Cyg型、ノーマルアウトバーストに加えて中間的な明るさのスタンドスティル状態をときおり見せるZ Cam 型、ノーマルアウトバーストに加えてより明るく長く継続するスーパーアウトバーストを示すSU UMa 型に分類される。

2018年08月16日更新

関連画像

矮新星はくちょう座SSの変光曲線。
(クレジット:AAVSO LCG)