天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ダスト

中

よみ方

だすと

英 語

dust

説 明

0.001mm(1μm)程度の大きさの固体の微粒子のことであり、星などが発する光を効率的に吸収したり散乱したりする。主に星間空間に存在している星間ダストのことを指すが、ダストの存在する場所により、銀河間ダスト星周ダスト惑星間ダストなどと呼ばれる。

2018年03月12日更新

関連画像

https://en.wikipedia.org/wiki/Cosmic_dust#/media/File:Porous_chondriteIDP.jpg