天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ダスト

中

よみ方

だすと

英 語

dust

説 明

0.001mm(1μm)程度の大きさの固体の微粒子のことであり、星などが発する光を効率的に吸収したり散乱したりする。塵微粒子あるいは単に塵とも言う。主に星間空間に存在している星間ダストのことを指すが、ダストの存在する場所により、銀河間ダスト星周ダスト惑星間ダストなどと呼ばれる。
彗星や小惑星に起源を持つ惑星間ダストは高層大気中で採集できるが、最終的に地表に降下したものは、南極の氷床や深海底堆積物からも回収されている。

2018年10月03日更新

関連画像

大分県津久見市網代島のチャートから見つかった惑星間ダスト(スフェルール)の電子顕微鏡写真。c,dの写真はそれぞれa,bのダストの研磨断面写真。
(熊本大学尾上哲治氏提供)
http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/~onoue/micrometeorites.htm