天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

デリンジャー現象

高

よみ方

でりんじゃーげんしょう

英 語

Dellinger phenomenon

説 明

太陽フレアが発生し、それにより増大したX線紫外線による大気の電離効果のために、地球の昼側にある電離層のD層の電子密度が増加し、長距離通信に使用される周波数3 MHzから30 MHzの短波帯に通信障害が発生すること。1930年にドイツのメーゲル(E.H. M”ogel)により発見された。1935年にアメリカのデリンジャー(J.H. Dellinger)により太陽活動との関係が見出されたためデリンジャー現象と呼ばれることが多い。

2018年03月26日更新

関連画像