天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

爆燃波

 

よみ方

ばくねんは

英 語

deflagration wave

説 明

爆発的な核燃焼が熱伝導や対流により亜音速で広がっていく現象。Ⅰa型超新星における爆発的な燃焼波面の伝播として想定されるものの一つで、炭素フラッシュによって高温になった部分が膨張により軽くなり、対流によって周りのガスと混合し、新たな炭素フラッシュを引き起こす。白色矮星が膨張しながら核反応が進むため、星の中間部分ではケイ素までしか核融合反応が進まず、より内部での鉄合成と合わせると、標準的なⅠa型超新星によるスペクトルがよく再現される。爆轟波も参照。

2018年03月23日更新

関連画像