天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

暗電流

 

よみ方

あんでんりゅう

英 語

dark current

説 明

電子的光検出器に光が入射していないときに 流れる電流のこと。検出器のノイズ源の一つで、小さいほど性能が 良い。光検出器では、入射した光子によって伝導帯に励起された電 子による電流(電荷)を測定して光を検出する。電子が 検出器の温度に応じたエネルギーを持つことによっても伝導帯に励 起され、暗電流が生じる。熱的な現象なので、検出器の温度を下げ ると暗電流は減少するが、検出器半導体の不純物などにより限界が ある。入射する光によって励起された電荷の統計ノイズや読み出し のための電子回路によるノイズに比べて十分に小さいことが望まし い。バンドギャップ光伝導素子フォトダイオードも参照。

2018年03月10日更新

関連画像