天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

結合器

 

よみ方

けつごうき

英 語

coupler

説 明

マイクロ波ミリ波を混合する装置または回路。英語のままカプラーあるいはカップラと呼ぶこともある。ヘテロダイン受信機では、天体からの電波と局部発振器の信号を結合するときに使われる。導波管による結合器や、ワイヤーグリッドや誘電体膜をもちいた準光学的結合器がある。

2018年03月22日更新

関連画像

導波管による結合器の例。実際には、この上に全体をふさぐ平板が乗り、2つの導波管の間に6つの隙間が空いた構造となる。この6個のスリット状の穴が結合器の本体で、ここを通って電磁波が一方の導波管から他方の導波管に漏れることで、2つの電磁波が混合され結合が実現する。