天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

宇宙背景放射

高

よみ方

うちゅうはいけいほうしゃ

英 語

cosmic background radiation

説 明

宇宙にはビックバン起源の放射である宇宙マイクロ波背景放射(CMB)だけでなく、別の起源による背景放射がさまざまな波長域で検出されいる。これを総称して宇宙背景放射という。たとえば、X線の波長領域では人工衛星の観測により宇宙X線背景放射(CXB)が観測されており、その起源はROSATXMM-ニュートン衛星、さらにチャンドラ衛星といった最近の衛星観測によりX線を出す多数の点光源(活動銀河核)であると考えられている。赤外線の領域ではCOBE衛星により宇宙赤外線背景放射(CIB)が観測されており、個別の赤外線源(ダストを多く含む星生成銀河や遠方銀河など)からの放射によるものと考えられている。他の波長域でも背景放射が存在するが、宇宙マイクロ波背景放射が最も高いエネルギー密度を持っている。

2018年04月12日更新

関連画像

宇宙背景輻射のスペクトル(Hauser & Dwek, 2001, ARAA, 39, 249)