天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

コンプトン散乱

高

よみ方

こんぷとんさんらん

英 語

Compton scattering

説 明

光子が静止した電子散乱してエネルギーを与え、もとより高いエネルギーの電子が放出される過程。1923年にこの現象を説明したコンプトン(A.H. Compton)の名を冠して呼ばれる。1929年仁科芳雄とクライン(O. Klein)によって相対論的量子力学を用いてコンプトン散乱の微分断面積が計算され、クライン-仁科の公式と呼ばれている。逆コンプトン散乱も参照。

2019年05月11日更新

関連画像

* コンプトン散乱の模式図
高橋忠幸・森正樹「ガンマ線」、シリーズ現代の天文学第17巻、井上・小山・高橋・水本編『宇宙の観測III』2章 図2.12(日本評論社)