天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

コンパクト電離水素領域

 

よみ方

こんぱくとでんりすいそりょういき

英 語

compact H2 region

説 明

分子雲中に見られる非常に小さな電離水素領域のこと。中心には電離光子を強く放射する大質量星が存在しているが、分子雲コアの高い圧力のため、1パーセク(1 pc=3光年)より小さいサイズにとどまっていると考えられる。コンパクト電離水素領域から通常の電離水素領域への進化の時間スケールについては諸説ある。

2018年03月09日更新

関連画像