天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

コンパクト銀河群

 

よみ方

こんぱくとぎんがぐん

英 語

compact group of galaxies

説 明

通常の銀河群よりもはるかに狭い領域に銀河が密集している銀河群。銀河の数密度は銀河団の中心部に匹敵する。典型的なコンパクト銀河群は、大きさが数10 キロパーセク(数10 kpc=10万光年)程度、内部の銀河の運動の速度分散は200\,{\rm km\,s}^{-1}程度である。これらの値から推定される横断時間はわずか数億年しかない ため、銀河の衝突が頻繁に起きていると考えられる。コンパクト銀河群のカタログとしては1982年のヒクソン(P. Hickson)によるものが有名である。

2018年08月16日更新

関連画像

コンパクト銀河群ヒクソン40。すばる望遠鏡による撮像。
(クレジット:国立天文台・ハワイ観測所)。https://www.nao.ac.jp/gallery/weekly/2017/20171031-subaru.html