天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

無衝突系

 

よみ方

むしょうとつけい

英 語

collisionless system

説 明

重力多体系の中で、2体緩和時間が考える時間尺度と比較して十分長く、2体緩和の効果が無視できる系のことをいう。無衝突系では粒子分布を連続体近似することができ、その進化は無衝突ボルツマン方程式によって記述される。
たとえば、恒星数が10^{11}の楕円銀河の2体緩和時間は、中心部分を除けば、宇宙年齢よりも何桁も長く、無衝突系と考えてよいことがわかる。N体問題, N体シミュレーションも参照。

2018年04月11日更新

関連画像