天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

可干渉性

 

よみ方

かかんしょうせい

英 語

coherence

説 明

2つ以上の波動が同一地点に同時に到達する場合に、それらの間で干渉現象が見られる場合、これらの波の間には可干渉性があるという。単に干渉性という場合もある。英語のコヒーレンスをそのまま用いることも多い。定量的には、周波数ないし時間領域での波の相関の程度をす指標であり、2つの時系列信号に対して可干渉性\mathrm{coh}\,(\nu)は以下の式で定義される。
\mathrm{coh}(\nu) \equiv \frac{|S_{12}(\nu)|}{\sqrt{S_{11}(\nu)S_{22}(\nu)}}
ここで、S_{11}(\nu)S_{22}(\nu) はそれぞれの信号の自己相関関数のスペクトル、S_{12}(\nu) は相互相関関数のスペクトルである。なお、この2乗である  \mathrm{coh}^2(\nu) を可干渉性の値とする場合もある。上式からわかるように、この  \mathrm{coh}(\nu) は正規化されており、0\leq \mathrm{coh}(\nu) \leq 1 を満たす。\mathrm{coh}(\nu) =1 は、2信号が振幅以外が完全に一致していることを示す。一方、信号1、2間の相対位相が一定でない場合には、 \mathrm{coh}(\nu) は1未満となる。
なお、空間的に変化する2つの信号に対しても、上と同様の可干渉性を空間周波数領域で定義することができる。

2018年04月23日更新

関連画像