天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

星周物質

 

よみ方

せいしゅうぶっしつ

英 語

circumstellar material

説 明

星の近傍に存在している物質のこと。物質とその分布する星の周りの空間を含めて言う場合には星周外層あるいは星周エンベロープと呼ばれる。
星生成過程に関する文脈では、星生成の現場となる分子雲コアの中で星が誕生した後も星に降着せずに周りに残っているガスやダストのことを指す。原始星が生まれて間もない頃は分子雲コアのガスはまだ降着の途上であり、大量のガスが原始星の周りに残っている。この原始星周りのガス成分を主体とする物質のことは原始星のエンベロープと呼ばれる。
進化の進んだ恒星に関する文脈で語られる星周物質は、恒星そのものから放出されたガスとダストが主要な成分である。星周ダストも参照。

2018年04月15日更新

関連画像