天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

円偏光

 

よみ方

えんへんこう

英 語

circular polarization

説 明

光の偏光状態の一つで、光の進行に従い電場ベクトルが進行方向 に垂直な面内で回転する状態のこと。角運動量を持ち、光子スピンに対応する。 進行方向から見て電場ベクトルが右回転する場合を右円偏光、左回 転する場合を左円偏光と呼ぶ。直線偏光波長板も参照。

2018年08月16日更新

関連画像

左手前に進行する円偏光のイメージ画像。青い矢印は電場を表し、赤線は電場の振動をたどったもの。(クレジット:国立天文台)
https://www.nao.ac.jp/releaselist/archive/20100406/background_cp.html