天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

カナダ-フランス-ハワイ望遠鏡

 

よみ方

かなだふらんすはわいぼうえんきょう

英 語

Canada-France-Hawaii Telescope(CFHT)

説 明

標高4200 mのハワイ島マウナケア山頂で、カナダ、フランス、およびハワイ大学が共同で運用する口径3.6 mの望遠鏡。完成は1979年で、マウナケア山頂に最初に建設された4 mクラスの大型望遠鏡である。
ホームページ:http://www.cfht.hawaii.edu/

2018年03月06日更新

関連画像

マウナケア山頂の望遠鏡群。右から二つ目がCFHT。すばる望遠鏡が右から六番目に見える。
https://subarutelescope.org/Gallery/gallery_images/panorama_ridge.jpg
http://www.cfht.hawaii.edu/en/outreach/