天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

因果律

 

よみ方

いんがりつ

英 語

causality

説 明

因果律とは、一般には原因と結果の関係を意味するが、物理学においては以下のように表される。
4次元時空間において時刻と3次元的位置の4パラメータで指定されるある世界点から過去と未来に向かって光を全方向に向かって仮想的に飛ばすと、光の届く部分と届かない部分に時空間は二分される。その境界を光円錐という。ある世界点で起こる事象はその点に対して過去側の光円錐内の情報のみによって決定され、光円錐外や未来の光円錐内の情報にはよらない。これが物理学における因果律である。このことは、光速以上の速さでは情報の伝達は起こらないことと、時間は過去から未来に向かって進むことの帰結である。

2018年03月06日更新

関連画像