天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

カンガルーガンマ線望遠鏡

 

よみ方

かんがるーがんませんぼうえんきょう

英 語

Collaboration of Australia and Nippon for a Gamma Ray Observatory in the Outback(CANGAROO)

説 明

日本とオーストラリアの共同によりオーストラリアのウーメラ近郊の砂漠地帯に設置された大気チェレンコフ望遠鏡。第1世代は3.8 m口径で1992年から、第2世代は10 m口径で1999年から、第3世代は10 m口径4台のシステムとして2004年から観測を開始した。南天の利点を生かして超新星残骸などのTeVガンマ線天体を発見した。2012年に運用を終了した。

2018年03月10日更新

関連画像

カンガルーIIIガンマ線望遠鏡
http://icrhp9.icrr.u-tokyo.ac.jp/image/04Mar/AD081.jpg