天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

暦象年表

 

よみ方

れきしょうねんぴょう

英 語

Calendar and Ephemeris

説 明

国立天文台がその設置目的(国立大学法人法施行規則第1条)の一つである『暦書』の編製として刊行する冊子であり、法律上の基礎を持つ日本の公式の暦である。暦象年表には、二十四節気、朔弦望、日月食などの天文現象や太陽、月、惑星の位置などが記されている。暦象年表から主要項目を抜き出した暦要項は、前年2月の最初の官報に公示され、翌年の「国民の祝日」のうち、春分の日と秋分の日がこれによって確定する。2008年までは理科年表の「暦部」とほぼ同じデータを掲載していたが、以後はより拡張したデータを掲載している。また、暦象年表のWeb版は以下のサイト見られる。
暦象年表Web版:https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/cande/

2018年08月23日更新

関連画像