天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ビュラカン天文台

 

よみ方

びゅらかんてんもんだい

英 語

Byurakan Astrophysical Observatory(BAO)

説 明

初代の台長となったアンバルツミアン(V. Ambartsumian)の努力によって1946年に旧ソ連で、黒海とカスピ海の間(現在はアルメニア共和国)に開設された天文台。2.6 mの望遠鏡と1 mシュミット望遠鏡が主な装置である。シュミット望遠鏡による紫外超過銀河(マルカリアン銀河)の探査が有名である。
ホームページ:http://www.bao.am/

2019年10月04日更新

関連画像

ビュラカン天文台
https://www.bao.am//8_jpg.htm