天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

褐色矮星

高

よみ方

かっしょくわいせい

英 語

brown dwarf

説 明

質量が小さく中心部で水素の核融合が起こらない星。質量が太陽の8%以下の場合、中心部での温度が十分上がらず、水素からヘリウムへの核融合反応が起こらないため、天体は時間とともに冷えていく。スペクトル型としてはL型と、より低温なT型に分けられる。単独で存在しているものもあるが、恒星の周りを回っているものもある。後者の場合、惑星との境界は明確ではないが、重水素の核融合が起こる木星質量の13倍以上の天体を褐色矮星と分類することもある。

2018年04月08日更新

関連画像

最初に発見されたグリーゼ229星系の画像、左はパロマー山天文台、右はハッブル宇宙望遠鏡での撮像。小さいほうの光点は伴星で、木星質量の20-50倍の褐色矮星である。
(ESO) Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Brown_dwarf