天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ボン掃天星表

 

よみ方

ぼんそうてんせいひょう

英 語

Bonner Durchmusterung

説 明

1852年から1859年にかけて、ドイツのボン天文台での観測に基づいてアルゲランダー(F. Argelander)が中心となって編纂した星表と星図。北天の9.5等より明るい星324000個の位置と等級が記載されている。眼視観測による星表としては最も広汎なものであった。ここに掲載された星の表記法、 BD-16^\circ 1591など、は現在でも使われている。 このボン掃天星表の完成以来、南天の星へと同じ様式の星表の拡張が進められた。1892年にはアルゼンチンのコルドバ天文台の観測から作られた「コルドバ星表」が、さらに1896年には南アフリカのケープタウン天文台での写真観測による「ケープ写真掃天星表」(1896)が作られた。この3つの星表を合わせて掃天星表ということもある。

2018年04月19日更新

関連画像

*ボン掃天星表に基づく星図(1枚のサイズは76 cm x 56 cm)。東京大学理学部天文学教室所蔵。(岡村定矩氏撮影)