天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

双極星雲

 

よみ方

そうきょくせいうん

英 語

bipolar nebula

説 明

中心星からほぼ反対向きの方向(北極と南極方向)に放出されているように見える星雲のことであり、そのほとんどは惑星状星雲である。星雲の根元はアルファベットの大文字のXに似た形に見えるものもある。

2018年03月14日更新

関連画像

(NASA, ESA, and the Hubble SM4 ERO Team)
http://hubblesite.org/image/2616/news_release/2009-25
ハッブル望遠鏡による赤い長方形星雲の写真。
典型的なX字型をした双極星雲である。中心には連星系がある。