天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ビッグベア太陽天文台

 

よみ方

びっぐべあたいようてんもんだい

英 語

Big Bear Solar Observatory

説 明

米国カリフォルニア州ビッグべア湖畔にある太陽観測天文台。 標高2067 mの高地に位置し、湖にむけて突き出た場所に建設 されている。高地であることによる大気の透明度の良さと、湖面温度が安定することにより大気ゆらぎが抑制されて シーイングが良いサイトとして知られている。1969年にカリフォルニア工科大学により建設された。 建設時の主要望遠鏡は口径65 cmのグレゴリアン真空望遠鏡で、リオフィルターを使ったHα線による彩層の観測と光球磁場の 高解像度観測が行われた。 1997年よりニュージャージー工科大学(New Jersey Institute) により運営。 2008年より補償光学系を搭載した口径1.6 mのオフセット グレゴリアン望遠鏡が新設され高解像度の太陽観測を行っている。
ホームページ:http://www.bbso.njit.edu/

2018年10月07日更新

関連画像