天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ベータモデル(銀河団ガスの)

 

よみ方

べーたもでるぎんがだんがすの

英 語

beta-model

説 明

銀河団ガスの密度分布を表す一般的なモデル。球対称、等温、静水圧平衡を仮定して導かれる。銀河団中心からの半径rの関数としてガス密度 \rho
\rho (r) =\rho_0[1+(r/r_c)^2]^{-3\beta/2}
となる。ここで、\rho_0 は中心におけるガス密度、r_c はコア半径と呼ばれる量で、ガスの広がりを表す(キングモデル参照)。名前の由来にもなっている指数に現れる \beta は、銀河の運動エネルギーとガスの温度との比である。このモデルはX線観測から得られる密度分布をよく再現することが知られている。

2018年04月23日更新

関連画像