天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

バーナード星

 

よみ方

ばーなーどせい

英 語

Barnard's star

説 明

へびつかい座の方向にあるM型の恒星。実視等級9.54等。太陽系からの距離は約2パーセク(2 pc=6光年)で、ケンタウルス座\alpha星に次いで太陽系に近い恒星である。名称は1916年にバーナード(E.E.Barnard)が固有運動最大の星として発見したことによるもので、固有運動は年間10.3秒角もある。

2018年08月16日更新

関連画像