天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

バンドスペクトル

 

よみ方

ばんどすぺくとる

英 語

band spectrum

説 明

一群のスペクトル線がある波長範囲に多数密集していることにより、低波長分解能分光観測では線ではなく広い波長幅を持ったバンドとして見える。このようなバンドを有するスペクトルをバンドスペクトルという(右図参照)。 原子やイオンと異なり分子には状態数の非常に多い振動と回転の自由度があるために、状態間の 遷移に対応するスペクトル線も非常に多い。振動と回転状態の変化 は(場合によっては電子状態の変化も)同時に起こり(振動回転遷移)、回転のエネルギーは振動のエネルギーに比べて非常に小さ い。このため、振動状態の変化のエネルギー差に対応する波長の付近に、回転状態の変化に伴う数多くのスペクトル線が密集することによりバンドスペクトルが形成される。バンドヘッドも参照。

2018年08月16日更新

関連画像

*晩期型星のKバンド(波長 2.0-2.4μm)のスペクトル。波長2.3μm(波数=4350 cm^{-1})から長波長(左方向)に向かって,12CO分子と,13CO分子の Δv=2 振動回転スペクトルのバンドヘッドが見られる。
(S.G.Kleinman & D.N.B. Hall(1986)ApJS 86, 501-517 のFig 1.d を改変)