天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

AAO

 

よみ方

えーえーおー

英 語

AAO

説 明

オーストラリアのニューサウスウェールズ州サイディングスプリング天文台にある, 口径3.9 mのアングロオーストラリア望遠鏡とUKシュミット望遠鏡を運用するオーストラリアの政府機関。
 1971年に、イギリスとオーストラリア両国によってアングロオーストラリア天文台(Anglo-Auatralian Observatory: AAO)という組織が設立された。この組織は、シドニー郊外のエッピングに本部を置き、ニューサウスウェールズ州のサイディングスプリング天文台で、1974年に完成した口径3.9 mのアングロオーストラリア望遠鏡(AAT)、およびUKシュミット望遠鏡(1988年まで)を運用してきた。アングロオーストラリア天文台は35年にわたって両国の天文学コミュニティのために施設を運用してきたが、イギリスが撤退して2010年7月にオーストラリア政府の所管となり、アングロオーストラリア天文台という組織はなくなった。両望遠鏡を運用する組織はオーストラリア天文台(Australian Astronomical Observatory)という名称の組織となったが、略号は以前と同じくAAOである。
ホームページ:https://www.aao.gov.au/
経緯については https://www.aao.gov.au/about-us/a-brief-history/ を参照。

2018年03月06日更新

関連画像