天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

大気吸収

高

よみ方

たいききゅうしゅう

英 語

atmospheric absorption

説 明

地球大気中の分子による光の吸収。可視光では大気吸収はほとんどないが、紫外線は窒素分子や酸素分子により大部分が吸収され、赤外線は水蒸気や二酸化炭素、メタン、オゾンなどにより特定の波長で吸収される。大気吸収の小さい波長帯は大気の窓と呼ばれる。大気減光も参照。

2019年09月10日更新

関連画像

https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&id=62ED0DA0DCF676C5F10634C93DDD1522C73E4A49&thid=OIP.NNzG8E0Vm5EyHOwh4izhdQAAAA&mediaurl=http%3A%2F%2Fwww.horiba.com%2Ffileadmin%2Fuploads%2FProcess-Environmental%2FPhotos%2Fthermometry%2Fthermometry07.png&exph=226&expw=406&q=%e5%a4%a7%e6%b0%97%e5%
赤外線領域における大気透過率(100%から吸収率を引いたものに相当する)。
90%b8%e5%8f%8e%e7%8e%87&selectedindex=1&ajaxhist=0&vt=0&eim=1,2,6&ccid=NNzG8E0V&simid=608050089817081623&pivotparams=insightsToken%3Dccid_dpch%252BTu5*mid_D0672741F1EA3AF7FB5569D311CAA90AE75AC8E1*simid_608049428419645413*thid_OIP.dpch-Tu5bnVcXy6hxBGBrQHaEU&iss=VSI