天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

アテングループ

 

よみ方

あてんぐるーぷ

英 語

Aten group

説 明

地球接近小惑星のうち、軌道長半径が1.0 au(au は天文単位)以下で、遠日点距離が0.983 au(地球の近日点距離)以上の小惑星をアテングループと呼ぶ。アテン群、アテン型と呼ばれることもある。小惑星2062 Aten にちなんで名付けられた。アテングループは、太陽からの平均距離は地球-太陽間の平均距離より小さいが、地球軌道と交差して地球軌道の外側に来ることもある。ただし、軌道長半径が1.0 au 以下で遠日点距離が0.983 au より小さく地球軌道とは交差しない軌道をもつアティラグループも含めてアテングループと呼ぶ場合もある。アポログループアモールグループも参照。

2019年06月03日更新

関連画像

アモール、アポロ、アテン各グループの小惑星の典型的な軌道(クレジット:ESA、原図に和訳を追加)
http://www.daviddarling.info/encyclopedia/A/Apollo_group.html より。
地球接近小惑星の4つのグループとその典型的な軌道(NASA, JPLの以下のサイトの原図を部分和訳)
https://cneos.jpl.nasa.gov/about/neo_groups.html