天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

遠点

 

よみ方

えんてん

英 語

apocenter

説 明

ある天体の周りを回っている別の天体の軌道において、この2天体間の距離が最も離れる点のこと。中心天体が太陽地球火星恒星(たとえば、実視連星系の主星)、天の川銀河銀河系)中心の場合、それぞれ遠日点遠地点、遠火点、遠星点、遠銀点などと呼ぶ。ただし、楕円軌道の場合にのみ定義され、放物線軌道、双曲線軌道、円軌道では定義されない。近点も参照。

2018年04月18日更新

関連画像

近点と遠点
*近点(近日点、近地点など)と遠点(遠日点、遠地点など)。