天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

アナレンマ

 

よみ方

あなれんま

英 語

analemma

説 明

1年間を通じて、ある特定の地点で、毎日決まった時刻(たとえば正午)における天球上の太陽の位置をつないでできる細長い8の字型をした曲線。8の字の長さ方向は太陽高度(赤緯)の変化に対応し、幅方向は視太陽時平均太陽時の差(均時差)に対応している。日時計の目盛りに均時差の補正をするために利用される。年間を通じた天候の良否にも影響されるため、アナレンマのきれいな写真を撮影するのは極めて難しい。

2018年03月06日更新

関連画像

アナレンマ
パルテノン神殿とアナレンマ(Anthony Ayiomamitis氏撮影)