天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

空気シャワーアレイ

 

よみ方

くうきしゃわーあれい

英 語

air shower array

説 明

高エネルギーの宇宙線が引き起こす空気シャワー現象をとらえるために間隔をおいて多数の荷電粒子検出器群を配列した装置。シャワー粒子の主成分は電子、陽電子ガンマ線であり、粒子検出器にはプラスチックシンチレーション検出器比例計数管水チェレンコフ検出器などが用いられる。ミューオン測定を目的とした吸収層を持つ検出器群や、さらに特殊な検出器を加える場合もある。ピエールオージェ実験テレスコープアレイも参照。

2018年03月08日更新

関連画像

日中共同チベット AS𝛄 実験の空気シャワーアレイ。白く見えるシンチレーション検出器は7.5m間隔で789台並べられている。
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/em/index-j.html