天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

アダムス, ウォルター

 

よみ方

あだむす,うぉるたー

英 語

Adams, Walter Sydney

説 明

ウォルター・アダムス(Walter Sydney Adams; 1876-1956)はシリア、アンティオキア生まれのアメリカの天体物理学者。1898年にダートマス大学を卒業、シカゴ大学の大学院に進み、ヤーキス天文台のスタッフとなる。後にウィルソン山天文台でヘールとともに装置開発と太陽スペクトルの研究に従事した。恒星スペクトルの観測では、主に巨星白色矮星の区別や分類に貢献、2.5m反射望遠鏡の完成後は金星や火星の大気、分光連星セファイド星間ガス新星など広範囲の天体のスペクトル観測研究を行なった。また、シリウスの伴星(シリウスB)が白色矮星であることを示し、そのスペクトル線の赤方偏移を測定、一般相対論的な重力の強い天体であることを最初に明らかにした。1923-46年にウィルソン山天文台の台長を務め、1928年に太平洋天文学会のブルースメダル受賞。

2020年04月19日更新

関連画像

アダムス
ウォルター・アダムズhttps://en.wikipedia.org/wiki/Walter_Sydney_Adams#/media/File:Walter_Sydney_Adams.jpg