天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

吸収線

高

よみ方

きゅうしゅうせん

英 語

absorption line

説 明

スペクトル中で、特定の波長で強度が弱い部分。暗線ともいう。観測者から見て、高温の連続光源の手前に低温度のガスがある場合に観測される。太陽スペクトル中のフラウンホーファー線は代表的な吸収線である。吸収線スペクトルスペクトル線も参照。

2019年10月02日更新

関連画像

* 連続スペクトルと線スペクトル。右列の上から2番目が吸収線。
池内了「現代宇宙観までの道のり」、シリーズ現代の天文学 第1巻、岡村・池内・海部・永原編『人類の住む宇宙』第2版 1章 図1.19 口絵3(日本評論社)
アリゾナ州キットピークにあるアメリカ国立太陽天文台のMcMath-Pierce 太陽望遠鏡で撮影した太陽の高分解能スペクトル。可視光全域(波長400-700 nm)が折りたたんで表示されている。6 nmをカバーする帯が50本ある。 多数のフラウンホーファー線が見られる。https://www.noao.edu/image_gallery/images/d5/sunx.jpg をもとに補足